私ってこんな人間です

自己紹介

f:id:Koki-Engineer:20191030102320p:plain

はじめまして!kokiといいます。

この記事では簡単な自己紹介を書きます

概要

19年4月、理系院卒で外資系のIT企業に営業職として入社しました。

しかし、エンジニアの仕事がしたいという思いが強くなり、入社してわずか4か月で転職活動をはじめました。

超短期での転職は上手くいかないと言われていたので、不安しかなかったです。

転職エージェントに相手にされなかったらどうしよう
履歴書書くことないよ、職務経歴書なんて言わずもがなだよ

等々。顔のニキビが急に増え、眠りが浅くなり、ストレスをすごく感じてました。

ですが、何とか無事内定を頂けて9月からシステムエンジニアとして働き始めました。

私が今働いている会社は

  • 仕事:顧客企業から運用・保守を受託している
  • 規模:従業員規模では大手に分類される。同じ業界の人なら多分分かるかも

入社して数か月経ち、今僕が携わっている業務は

  • ネットワークの構築
  • AWSの運用
  • DNS周りの設定変更とか申請とか

お客様から依頼があったら作業をするという感じです。作業自体は手順書があるので、それに沿って黙々と手を動かすだけです。

とまあ、ここまでは真面目なことを書いてきましたが。。。。。入社して数か月。。。

出会いが全くない!ビックリするほどないんじゃ!

貴重な20代。仕事、勉強を頑張ることはもちろん大事だが、女性と遊びたいという思いも捨てられない。。

最初は仕事、勉強めっちゃ頑張ってキャリアの基礎を築いてから遊ぶか。。。

でも、そしたら30代になっちゃう。。30代で遊んでる人かっこ悪くないか。。

うーん、どうしよう。。。

等々、色々考えた結果、

女性と遊ぶことも勉強もどっちもやろう。二兎を追おう!

というわけで、このブログでは、

  • 第二新卒での転職活動の実体験
  • 未経験でインフラエンジニアに転職した後のあれこれ(苦労とか、キャリアとか)
  • 運用・保守の仕事
  • マッチングアプリの奮闘記

以上4点に焦点を当てていきたいなと思っています。4つ目については赤裸々に書くつもりです。

性格~陽キャに見られがちな陰キャです~

僕は内向型の人間です。陽キャに見られがちな陰キャです。

陽キャに見られがちな陰キャって肩身狭いですよね

集団が苦手です。特に大人数の飲み会が苦手です、集団特有のあの何とも言えない狂気の雰囲気が好きになれません。あっ、でも少人数で話しながら飲むことは好きです。

初対面の人に対しては普通に振舞えます。しかし、少しだけ面識を持ってしまうと途端に人見知りが発動します。微妙な距離感の人と目が合ってしまったときには絶望します。

一人で頭をぐるぐるさせて考える傾向が強いです。

趣味

  • 読書
伊坂幸太郎がとても好きです。あの複数の人物のストーリーが終盤に見事に結びつく話の構成が何とも言えない快感を感じさせてくれます。何より成瀬さんのようになりたい(笑)

あとは推理小説も好きです。これは完全に名探偵コナンの影響です。シャーロックホームズは全て読みました。

  • 美術館巡り
美術館巡りというか、印象派の絵を観に行くことが好きです。何というか、あの色使い?色彩が観ていて落ち着くんですよねぇ。かといって美術に関する知識がすごいというわけではないです(笑)観て楽しむ専門です。
  • キャンプ
自然の中でぼーっとするのが好きなんですよね。新卒入社した会社の同期と定期的に行ってます。キャンプに誘ってくれた同期に感謝しかないですね。
  • サウナ
自分の中のあらゆるものが抜け出てくれる感じがたまらないです。モヤモヤしたときなんかはサウナに行って汗を流してコーヒーミルク飲めば大体解決します(笑)

経歴

大学時代

  • 地方の大学の理系学部に入学

大学院時代

  • 修士1年の夏から就活開始
  • 修士2年の4月に就活終了
 私は、地元の県立高校から地方の大学の理系学部に入学しました。
バイト、サークルはほどほどに勉強してる時間が多かったかなと思います。

今思えば、この時期にたくさんの女性と遊んでおけばよかったぁぁ

後悔先に立たず

せっかく、理系学部に入ったし研究をろくにしないで社会に出るのもなと思って大学院に進んで研究に励みました。

今振り返ると、一時期ドン引くほど研究していました。

毎日毎日詰められ続けて、結果が出ないことに焦りも募り、胃がずっといたかったなぁ

修士1年になって将来の進路を考えるタイミングになった時 、「将来どうしよっかな」と考えました。

研究が抜群にできるわけでもないから、研究職に絞らなくてもいいかなと思って幅広く職種、業界を見ることにしました。

何より優秀な同期を近くで見続けたせいで、ただでさえ少ない椅子を彼らと争っても勝てないなと思ったところが大きいです。

修士1年の夏からインターンに参加し始め、就活をスタートしました。

志望業界、職種を決めたのは修士1年の1月です。

そこから、書類選考、面接と進んで4月下旬に内定を頂いて就活を終えました。

内定貰ってから3月まではひたすら研究に勤しんでいました。

理系院生の就活について詳しい詳細は以下の記事を参考にしていただければ。

(只今準備中)

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました